医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省作業部会】薬局機能情報提供に注文-在宅対応で改善求める声

【厚労省作業部会】薬局機能情報提供に注文-在宅対応で改善求める声

読了時間:約 1分25秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年04月25日 AM10:45

19日に開催された「薬局薬剤師の業務および薬局の機能に関するワーキンググループ」では、構成員から各薬局の具体的な機能を一般者が検索できる「」の改善を求める声が相次いだ。患者向けに限られ、他職種向けに情報を公表する仕組みがないことや、在宅患者に対応した薬局機能の情報が少ないなどの課題が指摘された。

医薬品医療機器等法に基づき、薬局機能情報提供制度では、地域連携薬局に関する認定の有無など、薬局が持つ具体的な機能を地域の患者や住民に分かりやすく提供することを求めている。薬局は都道府県に情報を報告する義務も負っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医薬品第一部会】初の特定用途薬を了承-プレセデックス静注液
  • 【感染症部会】新型コロナ、5類引き下げ-移行期間は約3カ月
  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず