医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【千葉県薬】小児在宅の対応薬局拡大-研修実施など体制整備

【千葉県薬】小児在宅の対応薬局拡大-研修実施など体制整備

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年04月13日 AM10:45

千葉県薬剤師会は、医療的ケア児の専門的な薬学管理に対応した薬局・薬剤師を増やす。1月には、医療的ケア児を診察する医師などが小児在宅医療の実態について講演するウェブセミナーを開催した。今年度は小児在宅医療に関して基礎的な内容だけではなく、より専門的な内容を学べる研修も用意する方針である。小児在宅医療の参画薬局・薬剤師を増やすことで、病院が医療的ケア児の退院時に受け入れ先となる薬局を探す際に、スムーズに在宅医療へと移行できるよう支援したい考えだ。

厚生労働省は、今年度の予算で「成育医療分野における薬物療法等にかかる連携体制構築推進事業」を実施しており、千葉県薬は採択事業者の一つ。これまで会員薬剤師向けに在宅医療に関する研修会を実施していたが、高齢者の在宅医療が中心で、小児在宅に関与する薬剤師の少なさが課題となっていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省検討会】後発品推進「80%が限界」-長期品依存の構造で議論
  • 【医薬品第一部会】中絶薬、分科会で再審議-部会では承認を了承
  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも