医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【内閣府専門調査会】医薬品を貨客混載で輸送-タクシー活用、特区で先行

【内閣府専門調査会】医薬品を貨客混載で輸送-タクシー活用、特区で先行

読了時間:約 2分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年03月11日 AM10:00

内閣府の専門調査会は、地域の医療・健康の課題解決を目指して新設された「」(仮称)に、岡山県吉備中央町、長野県茅野市、石川県加賀市を指定することを了承した。特区での規制改革を通じて、タクシーを活用した非過疎地域での医薬品の貨客混載運送や、薬剤師による人工知能()、チャット機能を活用した遠隔服薬指導などを推進する方向だ。今後開催予定の国家戦略特別区域諮問会議で審議し、正式決定となる見通し。

■AI用い遠隔服薬指導も

3自治体は、幅広い分野でICTなどの先端的技術を活用し、地域課題を解決する内閣府の「」に応募。スーパーシティ型国家戦略特区には指定されなかったものの、人口減少や少子高齢化に直面している地方部での健康や医療の課題解決に焦点を当てた「デジタル田園健康特区」に指定された。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【中教審大学分科会】25年度から薬学部定員抑制-10月以降認可申請認めず
  • 【薬価部会】ゾコーバ薬価は高額薬対応-収載時や再算定ルール議論
  • 【厚労省が見解】データ送受で「運用開始」-紙の処方箋発行でも
  • 国内初の中絶薬審議-27日に医薬品第一部会
  • 【中医協総会】コロナ中等症IIで有用性-ベクルリーの費用対効果