医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 「疾患警告画像」をパッケージに載せることは、加糖飲料の購入意欲の抑止力になる?

「疾患警告画像」をパッケージに載せることは、加糖飲料の購入意欲の抑止力になる?

読了時間:約 2分59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年02月17日 PM02:45

加糖飲料の外装に疾患警告画像を載せると消費が抑制される

子どもが好む加糖飲料の外装デザインに、脂肪がこびりついた心臓や壊死して黒く変色した足の写真などを入れ込むと、消費者の購買意欲が低下して、疾患抑制につながる可能性のあることが報告された。米ノースカロライナ大学チャペルヒル校のLindsey Smith Taillie氏らが行った研究によるもので、詳細は「PLOS Medicine」に2月1日掲載された。


画像提供HealthDay

論文の上席著者であるTaillie氏は、「子どもが飲む加糖飲料の多くは親が購入している。そのため、これらの疾患警告写真を見た親の購入意欲が抑制されることで、結果として子どもの加糖飲料の摂取量が減る」と話す。また同氏によると、糖の摂取量を減らすことで得られる健康上のメリットは、指数関数的に上昇するとのことだ。「子どもたちが加糖飲料の摂取量を減らすと、過剰な摂取エネルギー量が抑制されて、体重管理に良い。さらに虫歯や2型糖尿病、心臓病などのさまざまな慢性疾患のリスクが低くなる」という。

Taillie氏らの研究には、2~12歳の子どもを持つ325人が参加し、コンビニエンスストアの一角に設けたスペースで疑似的なショッピングを行った。その際、全体が2群に分けられ、1群を「通常群」として買い物スペースには、外装にバーコードが印刷されている加糖飲料を含む商品が陳列された。他の1群は「警告群」とし買い物スペースには、加糖飲料の一部に心臓の筋肉に異所性脂肪が沈着した写真や、糖尿病性足壊疽の写真などがデザインされた商品が陳列された。

両群ともに、子どものための飲み物とおやつ、およびその他の家庭用品をそれぞれ1品ずつ購入してもらった。その結果、通常群では45%が加糖飲料を購入したのに対し、警告群でのその割合は28%にとどまり、17ポイント(95%信頼区間7~27)有意に低下することが分かった(P=0.002)。

この効果は、人種/民族、収入、教育歴、子どもの年齢などにかかわらず一貫して認められた。また、加糖飲料からの摂取エネルギー量は、通常群が82kcal、警告群は52kcalであり、やはり有意差が見られた(P=0.003)。買い物の後に行った聞き取り調査から、警告群に割り当てられた親では、子どもたちの食生活を健康的にコントロールしていると感じている割合が高いことが分かった。

これらの結果について、論文の筆頭著者である同大学のMarissa Hall氏は、「画像による疾患警告には消費者の健康的な選択を促す力がある」とまとめている。その上で、「重要なポイントは、学校や店舗などで子どもたちに向けて発信する情報が、子どもたちの生涯にわたる健康的な生活習慣の確立に役立つ可能性があるという点だ」と同氏は指摘している。実際、これまでにも、ソーダ税の導入や学校での加糖飲料の販売禁止などにより、加糖飲料の摂取量が減少することを示した研究結果が報告されているという。

本論文の著者らは、仮に加糖飲料への警告画像表示が義務付けられた場合、飲料業界にとって打撃となるだろうと予測している。なお、業界団体である米国飲料協会(American Beverage Association)は、HealthDayからの取材に応じていない。

米ニューヨーク大学(NYU)の名誉教授で食品・栄養・公衆衛生学の専門家であるMarion Nestle氏は、「文章による警告よりも視覚的な警告の方がインパクトは大きいのではないか。タバコ製品では写真による警告が禁煙を促進するという有効性が示されている」と話す。同氏によると、チリやメキシコ、ブラジル、およびその他の数カ国では、糖や塩分、飽和脂肪の含有量やエネルギー量が高い食品には、写真ではなく、シンボル化した警告ラベルが使用されているとのことだ。「警告ラベルであれば、幼児や識字率の低い社会においても効果的に機能することが確認されている」と同氏は解説する。

また、ブラジルの栄養疫学専門家であるAna Clara da Fonseca Leitão Duran氏は、「商品に画像による警告を示すことに加え、不健康な食品や飲料の販売制限や課税強化によって、子どもたちの食生活をより健康的なものに導くことができるのではないか」と述べている。(HealthDay News 2022年2月2日)

▼外部リンク
The impact of pictorial health warnings on purchases of sugary drinks for children: A randomized controlled trial

HealthDay
Copyright c 2022 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
Photo Credit:本研究用に設けられた飲料コーナー。一部の商品に疾患警告画像が表示されている。ノースカロライナ大学チャペルヒル校からの写真提供。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 新型コロナ罹患後の重症化リスクに、意外な生活環境が絡んでいる可能性?-米報告
  • 「超加工食品」の食べ過ぎが認知症リスクを高める可能性?UKバイオバンクデータ解析で
  • オミクロン株感染、ワクチン追加接種後でも「高血圧」が有意な入院リスク因子-米報告
  • 「運動+サウナ」はどれほどの効果?8週間介入後の結果を発表-フィンランドの研究
  • 男性の寿命が女性より短い理由の1つに「Y染色体の喪失」が関係?