医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 急性腎障害、マイクロRNAを用いた新規検査方法と治療・予防方法を開発-自治医大

急性腎障害、マイクロRNAを用いた新規検査方法と治療・予防方法を開発-自治医大

読了時間:約 2分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年02月03日 AM11:15

AKIが悪化する前の早期診断と治療・予防法の確立は急務

自治医科大学は2月2日、マイクロRNA(以下、miR)を用いた急性腎障害()の新規検査方法と治療・予防方法を発見したと発表した。この研究は、同大総合医学第1講座(自治医科大学附属さいたま医療センター腎臓内科)の森下義幸教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Translational Research」に掲載されている。


画像はリリースより
(詳細は▼関連リンクからご確認ください)

(AKI)とは、感染症、薬剤、外科手術後などに生じる、急激に腎機能が低下する疾患。世界中で毎年1300万人がAKIを発症し、そのうち170万人が死亡している。また成人入院患者の5人に1人がAKIを合併するとも報告されており、さまざまな病気の合併症としても発症率の高い疾患の1つだ。AKIでは数時間から数日という短い期間で腎不全が進行し、老廃物を尿から排泄できなくなり、むくみ、吐き気などの症状が現れる。身体に老廃物や毒素が溜まってしまうため、最悪の場合は命に関わる。そのため、AKIが悪化する前の早期診断と治療・予防が必要とされている。

現在、AKIの早期診断法と特異的治療法・予防法は確立されておらず、その開発は喫緊の課題とされている。こういった課題をクリアするため、森下教授らは、miRによるAKIの診断および治療・予防法を研究、開発した。

血中miR-5100測定でAKIを早期診断できる可能性

miRとは、タンパク質に翻訳されない短いRNAのことで、その情報は遺伝子(DNA)の中にコードされている。現在、miRは2,000種類以上同定されており、血中にも存在している。miRは、採血による検査が可能なため、尿量の減ってしまった腎障害患者にも効果的な検査方法と言える。森下教授らは、2,000種類以上あるmiRの中から、AKI患者の血液中で特異的に発現が低下するmiR()の発見に成功した。これにより、患者の血液でmiR-5100の発現量を検査することでAKIの早期診断が可能になると考えられるという。

miR-5100、AKIの治療・予防につながる複数のアポトーシス経路を腎臓で抑制

1つのmiRNAには、多くのメッセンジャーRNA(平均200種類)に結合し、標的とするメッセンジャーRNAのタンパク質への翻訳を抑制する作用がある。つまり、miRが結合して発現を調節しているメッセンジャーRNAを解析し、疾患への関与を研究、コントロールすることができれば、多様な疾患の治療につながることが期待される。森下教授らは、人工合成したmiR-5100と非ウイルスベクターの複合体を、AKIモデルマウスに投与し、miR-5100が腎臓で複数のアポトーシス経路を抑制することで、AKIの治療・予防効果があることを明らかにした。

国際特許出願済、実用化に向け開発進行中

miR-5100の有用性は、AKIの検査や治療・予防薬としての活用が見込まれる世界初の報告となる。miRは、人工合成可能で、工場での量産が見込まれている。すでに、国内、国外ともに特許出願済みで、森下教授らは、ベンチャー企業と提携し、実用化に向けて研究開発を進めている。また、今後の展開として、検査薬や治療・予防薬としての実用化、量産化に向けて開発を進めていくとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 日本人5万人の全ゲノム解析完了、3.8万人分のリファレンスパネル公開-ToMMo
  • 統合失調症、患者がもつ「社会認知に関する困難感」が対人関係などに影響-東邦大ほか
  • 膵臓がん、cGAS-STING活性化で免疫治療の効果を増強できる可能性-東京医歯大ほか
  • 不適切な成育環境で、成長後に社会性低下等が生じる脳の仕組みをマウスで解明-NCNP
  • 肺高血圧症、オメガ3脂肪酸の代謝物が進行を抑えることを発見-慶大