医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象

【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象

読了時間:約 2分17秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月21日 AM10:30

中央社会保険医療協議会総会は19日、2022年度薬価制度改革で年間販売額が大きい品目の薬価を引き下げる「市場拡大再算定」の適用品目を了承した。年間販売額が1000億円以上の品目に適用される「特例拡大再算定」ルールは、武田薬品のプロトンポンプ阻害剤「タケキャブ」など4成分6品目が対象となった。市場拡大再算定はブリストル・マイヤーズスクイブの抗癌剤「」など17成分33品目、効能追加による用法用量変化再算定はファイザーのTTR型アミロイドーシス治療剤「ビンダケルカプセル」など2成分2品目に適用された。

特例拡大再算定は、年間販売額が1000億円以上で予想販売額の1.5倍を超えた品目の薬価を最大25%引き下げ、年間販売額が1500億円以上で予想販売額の1.3倍以上の品目は最大で50%の薬価を引き下げるルール。「タケキャブ」は年間売上高が1000億円を超え、予想販売額の1.5倍以上に拡大したことから適用された。タケキャブの類似品で、同社の「キャブピリン配合錠」「ボノサップパック」「ボノピオンパック」にも適用され、計4成分が対象となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【成育医療研究センター】オンライン申込み可能に-妊婦の薬相談で利便性向上
  • 【日医工】事業再生ADRを正式申請-最終赤字1049億円、再建急ぐ
  • 【大阪府】高槻と天王寺でモデル事業-地域フォーミュラリ構築
  • 【参議院本会議】経済安保推進法が成立-医薬品を特定重要物資に
  • 【厚労省】研究用キット販売自粛を-都道府県に注意喚起