医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > ALS原因遺伝子TDP-43に結合し、病的な凝集体形成を抑制する分子を発見-新潟大

ALS原因遺伝子TDP-43に結合し、病的な凝集体形成を抑制する分子を発見-新潟大

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月18日 PM12:00

ALS患者の運動神経細胞、TDP-43凝集体はどう形成される?

新潟大学は1月17日、)の主要な原因遺伝子TDP-43について、ストレスにさらされた細胞ではUSP10タンパク質とG3BP1タンパク質がTDP-43に結合し、異常なTDP-43凝集体の形成を抑制することを発見したと発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科ウイルス学分野の髙橋雅彦准教授、藤井雅寛教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「Molecular and Cellular Biology誌」オンライン速報版に掲載されている。


画像はリリースより

ALSは、運動神経細胞の細胞死を特徴とする致死性の神経変性疾患。ALSの主要な原因遺伝子TDP-43は、ALSの運動神経細胞の細胞質で異常なタンパク質凝集体を形成し、このTDP-43凝集体が神経細胞に細胞死を引き起こしてALSを発症させる。しかし、ALS患者の運動神経細胞で、TDP-43凝集体がどのように形成されるのかは不明だ。

細胞質のTDP-43、2つのタンパク質USP10とG3BP1に結合

定常状態において、TDP-43は細胞の核に局在している。今回の研究により、プロテアソーム阻害剤の処理など細胞にストレスを加えると、TDP-43の一部が細胞質に移動すると判明。TDP-43は、まずストレス顆粒に、次いでアグリソームに局在したという。アグリソームに局在したTDP-43は、オートファジーによって分解されることが報告されている。

細胞質のTDP-43は、USP10とG3BP1の2つのタンパク質に結合し、ストレス顆粒とアグリソームに局在していた。また、TDP-43がUSP10/G3BP1に結合するためには、TDP-43がRNAに結合することが必要で、RNAに結合できないTDP-43の変異体は、/G3BP1に結合できないことがわかった。

ALSのTDP-43<RNA結合活性低下<USP10/G3BP1と結合不能<病的な凝集体形成

RNA/USP10/G3BP1に結合できないTDP43の変異体は、細胞質で異常なUSP10陰性の凝集体を形成した。さらに、USP10の発現を低下させた場合も、TDP-43は細胞質内で不溶性の凝集体を形成したとしている。

一方、ALS患者の神経細胞では、TDP-43凝集体のほとんどにUSP10が含まれていなかった。ALS患者では、TDP43のRNA結合活性が低下していることが報告されている。したがって、今回の研究は、ALS患者のTDP-43は、RNA結合活性が低下し、USP10/G3BP1と結合できないために、病的なTDP-43凝集体を形成していることを示唆しているという。

USP10活性化剤が治療薬として有望な可能性

日本でのALS患者数はおよそ1万人。現在のところ、ALSに対して効果的な治療薬は開発されていない。研究グループは、同研究について、USP10の活性化剤が治療薬として有望であることを示している、としている。

また、研究グループは今後、USP10を活性化する薬剤の開発を進めていくという。さらに、ALS以外の神経変性疾患においても、病原性タンパク質の凝集にUSP10が関与しているかどうかを解析する予定だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 脳内ヒスタミン、一部の神経細胞に働き記憶・学習促進の可能性-名古屋市立大ほか
  • 骨髄異形成症候群、MSCの骨芽細胞分化障害を介した造血不全機序を解明-FBRIほか
  • 治療抵抗性うつ病への「維持rTMS療法」を先進医療で実施、世界初-NCNP
  • 先天性甲状腺機能低下症、発症に関わるゲノム領域を同定-成育医療センターほか
  • 肺線維症など種々の炎症性疾患の病状を改善できる新手法の開発に成功-京大ほか