医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】重点感染症指定へ議論開始-年度内にリスト化を計画

【厚労省】重点感染症指定へ議論開始-年度内にリスト化を計画

読了時間:約 1分54秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月14日 AM10:15

厚生労働省の「(MCM)の利用可能性確保に関する検討会」の初会合が7日に開かれ、MCMを確保すべき感染症の指定などについて議論を開始した。新型コロナウイルス感染拡大の経験を踏まえて今後流行の可能性がある感染症に備えるもので、年度内に対象感染症に関する考え方とリストをまとめ、公表する見通し。

国のワクチン開発・生産体制強化戦略では、ワクチン等の確保・研究開発が必要な感染症を特定する必要があるほか、今後のパンデミックに備えるべき重点感染症を決定した上で、ワクチンや治療薬等の企業開発を支援することなどを明記している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて