医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > ラゲブリオ投与体制を整備-コロナ再拡大に懸念の声

ラゲブリオ投与体制を整備-コロナ再拡大に懸念の声

読了時間:約 1分41秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月12日 AM10:30

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、各都道府県で自宅療養者支援の強化が進められている。厚生労働省は5日、感染急拡大時には新型コロナウイルスの変異株「」の感染者にも自宅や宿泊療養を認めた。1月13日までに経口抗ウイルス薬「」(一般名:)の処方可能な登録医療機関のリスト化を都道府県に求め、同日までにラゲブリオ登録センターに登録された対応薬局の数を公表する予定。7日時点で院外処方によるラゲブリオの投与事例は少ないものの、感染者数が急拡大する地域では自宅療養者に対する安定供給の確保を懸念する声も出ている。

厚労省の新型コロナウイルス感染症対策推進本部は2021年12月28日に、オミクロン株の感染流行に備え、地域の医師会や薬剤師会、看護協会が連携し、自宅療養者が安心して療養できる体制を構築するよう求める事務連絡を発出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 東京都薬剤師会、「発注しても納品されない」-永田会長、医薬品卸の対応を批判
  • 【安全対策部会】緊急避妊薬の添文改訂了承-投与時の内診など削除
  • 【富山県】富士製薬に業務改善命令-後発品企業に再び行政処分
  • 【厚労省】5~11歳ワクチン特例承認-26日に臨時接種可否検討
  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言