医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【滋賀県】日新製薬に業務停止命令-成分分量異なる製品を製造販売

【滋賀県】日新製薬に業務停止命令-成分分量異なる製品を製造販売

読了時間:約 1分5秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月07日 PM12:00

滋賀県薬務課は2021年12月24日、承認事項と成分分量が異なる製品を製造販売したとして日新製薬(甲賀市、持田弘社長)に対し、医薬品医療機器等法に基づき業務停止命令を下した。業務停止期間は同日から第2種医薬品製造販売業を75日間、医薬品製造業を70日間。再発防止策などの改善計画を1月23日までに提出するなどの業務改善命令も下した。

県薬務課によると、日新製薬が製造する滋養強壮液や感冒薬など5品目について、必要な承認変更手続き等を経ずに有効成分の減薬や、承認書に記載のない成分や添加剤が使われていたという。県の立入調査時に虚偽の製造指図書、製造記録、出納記録を作成報告していた。また、医薬品総括製造販売責任者が、こうした事実を認識していたにも関わらず、品質管理業務が適切に行われていなかった。2021年10月に匿名の投書を受け、県が無通告立入調査を実施したところ事実関係が発覚した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて