医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 「バセドウ病の経過中に急な視力低下」はHTLV-1感染の確認が必要-東京医歯大ほか

「バセドウ病の経過中に急な視力低下」はHTLV-1感染の確認が必要-東京医歯大ほか

読了時間:約 1分53秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年01月07日 AM10:45

HTLV-1感染症は、全世界で取り組むべき重要な感染症

東京医科歯科大学は1月5日、HTLV-1キャリアのバセドウ病では、若年、プロウイルスロード(感染細胞率)が低値であっても、重度の眼炎症(HTLV-1)が起こることをつきとめ、バセドウ病の経過中に急な視力低下が起きた場合、HTLV-1感染の有無を確認する必要性を指摘したことを発表した。この研究は、同大大学院医歯学総合研究科眼科学分野の鴨居功樹講師と大野京子教授の研究グループが、東京大学医科学研究所の東條有伸教授(研究当時、現:東京大学名誉教授、・副理事・副学長)、東京大学大学院新領域創成科学研究科の内丸薫教授、聖マリアンナ医科大学の渡邉俊樹特任教授/東京大学名誉教授との共同研究として行ったもの。研究成果は、「THE LANCET」オンライン版に掲載されている。


画像はリリースより

HTLV-1は、全世界で取り組むべき重要な感染症と位置付けられ、2020年に世界保健機関(WHO)からTechnical Reportが発刊された。HTLV-1感染者は、世界で3000万人以上、日本に100万人前後存在すると推定されている。このウイルスはヒトに疾患を引き起こすため、先進国の中で最も感染者が多い日本は、このウイルスに対して率先して取り組む責務がある。

HTLV-1ぶどう膜炎の発症要因は不明、近年東京では若年・高齢発症も多い

HTLV-1が引き起こす病気としては、、HTLV-1関連脊髄症、HTLV-1ぶどう膜炎が挙げられる。・HTLV-1関連脊髄症は、感染から発症までの潜伏期間が長いため中年以降に発症し、また高いプロウイルスロード(感染細胞率)が発症に関与することが知られている。一方、HTLV-1ぶどう膜炎に関しては、どのような要因が発症に関与するか明らかではなかった。

近年の東京(東京医科歯科大学、)におけるHTLV-1ぶどう膜炎の発症年齢は、これまでに報告された中年をピークとする一峰性の分布とは異なり、若年と高年の発症も多くみられる。

HTLV-1キャリアのバセドウ病、若年・感染細胞率低値でも重度の眼炎症が起こる

研究グループは、HTLV-1ぶどう膜炎患者の診療において、眼科検査・全身検査・ウイルス学的検査・感染経路調査を行い、フォローアップする中で、HTLV-1キャリアのバセドウ病では、若年、プロウイルスロードが低値であっても、その経過中に、程度の強い硝子体混濁・網膜血管炎を伴うHTLV-1ぶどう膜炎が発症することを発見。これにより、バセドウ病の経過中に急な視力低下がみられた場合、HTLV-1感染の有無を確認する必要性が指摘された。

現在、日本に100万人、世界に3000万人ものHTLV-1感染者が存在するが、HTLV-1感染については診療時にあまり意識されていないと考えられる。研究グループは今回の報告を通じて、病状の背景にHTLV-1感染が関与している可能性を念頭に置いた診療が重要であることを提起した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 核酸医薬MIRX002、悪性胸膜中皮腫対象・医師主導P1治験で1例目に投与-広島大ほか
  • 骨芽細胞がオートファジーで活性化する仕組みを解明、マウス骨粗鬆症抑制も-阪大ほか
  • 妊婦の新型コロナ患者の疫学的・臨床的な特徴を解明-成育医療センターほか
  • ワクチン接種の心理的要因を3か国比較、共通点と相違点を明らかに-山口大ほか
  • ビフィズス菌MCC1274のアルツハイマー予防効果をマウスで確認-名古屋市立大ほか