医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 重症の新型コロナ、回復後1年以内の「死亡リスク」は陰性者と比べ2.5倍-米研究

重症の新型コロナ、回復後1年以内の「死亡リスク」は陰性者と比べ2.5倍-米研究

読了時間:約 2分45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月14日 PM01:00

重症COVID-19サバイバーの回復後死亡リスクは2倍以上

重症の新型コロナウイルス感染症()罹患者は、回復後にも死亡リスクが高いことを示す、米フロリダ大学のArch Mainous氏らの研究結果が、「Frontiers in Medicine」に12月1日掲載された。重症COVID-19から回復後1年以内の死亡リスクは2.5倍であり、非高齢者に限ると3倍以上に上るという。


画像提供HealthDay

論文の筆頭著者であるMainous氏は、「COVID-19にはさまざまな合併症が起こることがこれまでに報告されてきたが、回復後の死亡リスクの上昇は合併症として最も深刻なものと言えるだろう。しかも、COVID-19で直接的なダメージを受ける呼吸器や心血管の疾患で亡くなるのは5人に1人に過ぎない」と述べ、重症COVID-19罹患による全身的な健康状態への長期的な影響の重大さを強調している。

Mainous氏らは本研究に先立ち、COVID-19に罹患し入院を要した人は入院を要さなかった人に比べて、退院後6カ月以内の入院リスクが2倍以上高いことを報告していた。今回の研究では、より重要なアウトカムである死亡のリスクを検討した。

研究の手法は、2020年1~6月にフロリダ大学関連医療機関を受診した18歳以上の患者の電子カルテデータを分析するというもの。PCR検査で感染の確認が行われていた患者が1万3,638人存在し、そのうち178人が重症COVID-19、246人が軽症~中等症COVID-19として治療され、1万3,214人は陰性判定だった。なお、本研究では、陽性判定から30日以内に入院を要した場合を「重症」と定義している。

12カ月間の追跡で2,686人の死亡が記録されていた。年齢、性別、人種、および併存疾患を調整後、重症COVID-19既往者の全死亡リスクは、COVID-19陰性者に対するハザード比(HR)2.50(95%信頼区間2.02~3.09)であり、軽症COVID-19既往者に対してはHR1.87(同1.28~2.74)と有意に高かった。特に65歳未満では、COVID-19陰性者に対してHR3.33(同2.35~4.73)、軽症COVID-19既往者に対してHR2.83(同1.59~5.04)と、より大幅なリスク上昇が認められた。

死因の解析から、重症COVID-19既往者の呼吸器疾患による死亡リスクは、COVID-19陰性者に対してHR4.58(同2.58~8.13)、心血管死リスクはHR3.13(同1.64~5.97)であり、COVID-19による呼吸器や心血管へのダメージの大きさが示唆された。ただし、死亡原因の大半(79.5%)は、呼吸器疾患や心血管疾患以外の原因だった。

一連の結果からMainous氏は、「重症COVID-19から回復後に多くの人が亡くなっている。しかしそれらの人たちは、亡くなった時点ではCOVID-19患者ではないため、以前にCOVID-19に罹患していたことと死亡リスクとの関連に気付いている人はまだ少ない」と述べている。

一方、本研究には関与していない、米ジョンズ・ホプキンス大学健康安全保障センターのAmesh Adalja氏は、「COVID-19で入院治療を受けた人が、退院後の数カ月間、病気がちな状態が続くことは驚くべきことではない」と語る。「重篤な感染症では、感染プロセスの急性期が治まった後にも、健康に連鎖的な影響が生じやすい。例えば炎症反応が惹起されていた場合には、脳や腎臓などの複数の臓器に広範囲のダメージが残ることがある」とのことだ。

このようなリスクへの対策として、Mainous氏はワクチン接種の重要性を指摘する。ワクチン接種はCOVID-19罹患時の重症化を抑制することが示されている、人々が実践可能な唯一の方法だという。「マスク着用と社会的距離の確保は、COVID-19感染リスクを抑制するが、感染してしまった際の重症化を防ぐ効果はない。COVID-19からの回復後の死亡リスクを下げるためにできることは、ワクチン接種を受けることだ」と、同氏はその重要性を力説している。(HealthDay News 2021年12月2日)

▼外部リンク
COVID-19 Post-acute Sequelae Among Adults: 12 Month Mortality Risk

HealthDay
Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
Photo Credit: Adobe Stock
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 高齢者の有酸素運動、心臓などの動脈の加齢変化抑制だけでなく、脳にも好影響?
  • 子宮筋腫の発症、プラスチック製品等に含有のフタル酸エステル類への曝露と関連?
  • 新型コロナ「複数回」感染者は死亡リスク2倍以上、入院リスクも3倍以上に上昇-米研究
  • CRISPR/Cas9を用いて遺伝子改変T細胞の作成に成功、がんにおける効果や安全性は?
  • 新型コロナ陽性判定後5日以内にパクスロビド投与で、後遺症リスクが低減-medRxiv掲載