医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】後発品体制加算で論戦-診療側は減算拡大に反対

【中医協総会】後発品体制加算で論戦-診療側は減算拡大に反対

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月10日 AM10:30

中央社会保険医療協議会は8日の総会で、後発品の体制加算などについて議論した。診療側委員は、後発品メーカーの不適切事案で安定供給確保が難しいことや、2023年度末に全都道府県で数量割合80%目標を達成するためにも、後発品の使用促進で診療報酬上の評価を変更すべきではないと訴えた。一方、支払側委員は後発品数量割合80%にほぼ到達している状況を踏まえ、後発品調剤体制加算の段階的廃止に加え、実績が達していなければ調剤基本料を減算する減算基準の引き上げも必要との考えを示した。

診療側の有澤賢二委員(日本薬剤師会常務理事)は、後発品メーカーの不適切事案や日立物流西日本の物流センターにおける火災により、医薬品の出荷調整が相次ぎ、「医薬品の安定供給の確保や回復が大前提」とし、「後発品使用推進の観点では評価にメリハリをつけるべきだが、今は報酬上の評価を変更すべきではない」と主張した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【機器・体診部会】同時検査キットをOTC化-コロナ、インフル流行対応
  • 【要指導・一般薬部会】要指導薬で初の抗肥満薬-大正のダイレクトOTC
  • 【厚労省検討会】医療計画指針見直しで素案-薬剤師の確保策に注文も
  • コロナ薬「ゾコーバ錠」、11月28日から供給開始-加藤厚労相
  • 【薬学部設置協議会】31年度に薬学部開学計画-沖縄県が基本方針素案