医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【新潟薬科大学】医療・健康系大学に転換-23年度入学定員を50人減

【新潟薬科大学】医療・健康系大学に転換-23年度入学定員を50人減

読了時間:約 2分1秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月08日 AM10:45


■看護・臨床検査の学部設置

新潟科学技術学園は、2023年度に新潟薬科大学の薬学部薬学科入学定員数を180人から130人に削減すると共に、医療系の新学部を設置する組織改革案を発表した。近年、薬学部入学定員数が未充足の状態が続く中、適正化を図るのが狙い。系列校の新潟医療技術専門学校が持つ四つの専門学部のうち看護学科と臨床検査技師科を統合し、医療技術学部臨床検査学科と看護学部看護学科の二つの学部を設置する。大学薬学部の生き残りが苦しくなる中、単科薬科大学としての成長を諦め、医療・健康系大学として方向転換する方針だ。

11月24日に開催された理事会で「新潟薬科大学新学部設置等に関する計画」を決定。薬学部薬学科は23年度には現行の180人から130人に減らす。19年度入学者数が133人、20年度が108人、21年度が134人と定員数180人を下回る状態が続いており、入学定員の適正化に踏み切った。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて