医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出

宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出

読了時間:約 1分35秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月01日 AM10:30

癌患者の電子カルテに保存されている非構造化データの自然言語処理によって臨床アウトカム評価に関連する情報の抽出を試みたところ、薬物治療効果の判定に関連する有用なキーワードを特定できたことが、、ファイザーの共同研究で明らかになった。遺伝子検査のうち77%の検査結果も電子カルテデータから抽出できた。

近年、日常診療で得られる医療や健康情報などのリアルワールドデータ(RWD)が注目されている。特にこれまで活用されてきたレセプトデータから得られにくい薬剤の治療効果や安全性など、臨床アウトカムの取得可能性があるデータとして電子カルテの利活用が期待されているが、臨床アウトカムに関連する多くのデータは入力形式が定められていない非構造化データであるため、データを構造化しなければ解析が難しいという課題があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて