医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】調剤料見直しの声相次ぐ-一部は対人業務として整理

【中医協総会】調剤料見直しの声相次ぐ-一部は対人業務として整理

読了時間:約 1分57秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月29日 AM10:15

中央社会保険医療協議会は26日の総会で、調剤料をめぐって議論した。診療側の有澤賢二委員(日本薬剤師会常務理事)は、薬剤師業務が対物中心から対人中心へと構造的転換が図られる中、対物業務とされている調剤料に対人業務的な要素も含まれているとし、単純な調剤料の加算引き下げに慎重な対応を求めたが、他の委員からは調剤料に含まれる業務について、薬剤師による薬学的判断を伴う対人業務と対物業務を整理した上で加算料を含め、適切に評価すべきとの意見が相次いだ。

2020年の調剤医療費で技術料約1兆9000億円のうち、調剤料は約8100億円を占めた一方、対人業務に相当する薬学管理料は約3700億円と2割程度にとどまる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【医療安全調査機構】誤投与の死亡例5年で36件-確認タイミング明確化提言
  • 【中医協総会】タケキャブに特例再算定-全体で23成分が対象
  • 【中医協総会】保険適用の留保を決定-プログラム機器で手続遅れ
  • 【京都大学】5年一貫制博士課程設置-薬学系大学院で日本初
  • 【厚労省】薬局の保険指定取消0件-20年度、直近6年間で初めて