医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇

【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇

読了時間:約 2分16秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月26日 AM10:20

厚生労働省は24日、医療機関や薬局の経営状況を調べた「」の結果を公表し、2020年度の保険薬局の利益率は診療報酬改定前の19年度から0.2ポイント減の6.5%となった。新型コロナウイルス感染症関連の補助金を含めると横ばいだった。個人、法人問わず、新型コロナウイルス感染症関連の補助金を含めても診療報酬改定前の19年度より利益率が低下した薬局が多く見られる一方、「大病院の門前薬局」「診療所敷地内薬局」は大幅に利益率が上昇していた。

調査は、保険薬局1892施設(有効回答数904施設、有効回答率47.8%)、病院2305施設(1218施設、52.8%)、一般診療所3114施設(1706施設、54.8%)、歯科診療所1064施設(625施設、58.7%)を対象に実施。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【費用対効果評価部会】費用対効果評価で骨子案-分析期間超過に厳しい対応
  • 【厚労省が省令改正案】初回オンライン指導恒久化-薬剤師は研修受講必須に
  • 宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出
  • 【埼玉県薬剤師会】小児在宅で多職種連携-入院・退院後に情報共有
  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用