医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【臨床研究部会】臨床研究法見直しで中間案-CRB認定要件を厳格化

【臨床研究部会】臨床研究法見直しで中間案-CRB認定要件を厳格化

読了時間:約 1分48秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月22日 AM10:30

厚生科学審議会臨床研究部会は18日、臨床研究法の見直しに関する中間取りまとめ案を概ね了承した。臨床研究審査委員会()の認定要件については、委員から新規審議案件が少なすぎるとCRBのモチベーション低下を懸念する声が相次いだため、「新規の審議を3年間で6件、最低でも年1件、開催回数は最低でも年7回」と厳格化する方向で修正した。厚生労働省は、11月中を目標にホームページで公表したい考え。

中間取りまとめは、▽研究の質の確保▽透明性の確保▽臨床研究実施体制の国際整合性▽研究の法への該当性の明確化▽手続きの合理化――の項目で構成。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出
  • 【埼玉県薬剤師会】小児在宅で多職種連携-入院・退院後に情報共有
  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用
  • 【中医協総会】調剤料見直しの声相次ぐ-一部は対人業務として整理
  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に