医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 心血管疾患の発生リスクが低い「睡眠のタイミング」は?

心血管疾患の発生リスクが低い「睡眠のタイミング」は?

読了時間:約 2分47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月18日 PM03:30

心臓に最も優しい入眠時刻は夜10時からの1時間?

夜10~11時の間に眠りに就く人は心疾患のリスクが低いというデータが報告された。英エクセター大学のDavid Plans氏らの研究によるもので11月9日、「European Heart Journal — Digital Health」に論文が掲載された。


画像提供HealthDay

論文の上席著者であるPlans氏は、この結果は「、つまり体内時計の変化に起因している可能性がある」と述べている。同氏によると、概日リズムは毎日の生理学的活動リズムを制御しており、それが乱れた場合の影響は広範囲に及び、心血管系を含むさまざまな身体的・精神的疾患のリスクが高まるという。また同氏は、「概日リズムは毎朝、光に当たることでリセットされる。入眠時刻が遅い人は起床時刻も遅く、そのリセットのタイミングを逃してしまう可能性がある。それが長期間続いた場合、健康への実害が生じるのではないか」と推察している。

ただし本研究のデザインは、入眠時刻が遅いことが心疾患のリスク因子であることを証明し得る手法ではなく、その可能性を示したにとどまる。本研究に関与していない米ノースウェル・ヘルスのHarly Greenberg氏は、「概日リズムの乱れが、肥満や糖尿病、高血圧、、さらにはがんなどの疾患リスクと関連していることを示した研究結果が増えている。新たに報告されたデータも、概日リズムの重要性を浮き彫りにしたものだ」と述べている。

Plans氏らの研究の対象は、英国の大規模ヘルスケア情報データベース「UKバイオバンク」の登録者のうち、7日間にわたる入眠・起床時間のデータのある8万8,026人(平均年齢61.43±7.8歳、男性41.6%)。入眠・起床時刻は手首に装着する加速度センサーで判定された。

平均5.7±0.49年の追跡期間中に3,172件の心血管疾患()イベントが記録されていた。Cox比例ハザードモデルで年齢と性別を調整後、午後10時からの1時間に入眠していた群のCVDイベントリスクが最も低いことが分かった。調整因子として既知のCVDリスク因子、睡眠時間やその不規則性を追加してもこの関連の有意性は保たれていた。

具体的には、入眠時刻が午後10時台の群を基準として、午後10時前の群のCVDイベントのハザード比(HR)は1.24(95%信頼区間1.10~1.39、P<0.005)、午後11時台の群はHR1.12(同1.01~1.25、P=0.04)、0時以降の群はHR1.25(同1.02~1.52、P=0.03)であり、いずれも有意にリスクが高かった。性別に見ると、男性では入眠時刻が午後11以降の場合のリスク上昇は有意でなく、午後10時前の場合のみ有意だった。女性では入眠時刻が午後11時台の場合は有意性が消失し、その他のカテゴリーは有意性が維持されていた。

Plans氏は、「われわれの研究結果は入眠時刻とCVDイベントリスクとの有意な関連の存在を示しているが、この結果のみに基づいて一般の人々に入眠時刻の推奨をすることはできない」と、結果の解釈に限界があることを解説。その上で、「朝の光に当たることで概日リズムがリセットされることに関してはエビデンスがあるため、睡眠習慣を整えることには健康上のメリットがあると考えられる」と解説。

睡眠習慣を整える具体的な方法として同氏は、適切な時刻に入眠して朝の光を浴びることのできる時刻に起床すること、夜遅い時間帯にはカフェインやブルーライトを避けること、午後4時以降には昼寝をしないこと、寝室は睡眠を取るために利用し他の目的には使わないこと、眠たくなってから床に就くことなどを挙げている。同氏によると、これらはエビデンスに基づく推奨とのことだ。

米アーマンソンUCLA心筋症センターのGregg Fonarow氏は本研究を、「これらの知見は、入眠時刻が心血管の健康に及ぼす潜在的な影響を示している。ただし、入眠時刻を変えることでCVDイベントリスクが上昇または低下するのかを明らかにするには、さらなる研究が必要だ」と論評している。(HealthDay News 2021年11月9日)

▼外部リンク
Accelerometer-derived sleep onset timing and cardiovascular disease incidence: a UK Biobank cohort study

HealthDay
Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
Photo Credit: Adobe Stock
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 新型コロナ流行下で若い糖尿病の患者は高齢患者より「受療行動」中断率が高い-米調査
  • 孫が笑顔なら、祖母も孫の喜びを感じる?機能的MRI画像で評価-米研究
  • 小児期に経験した逆境が心身に与える影響は?-ニュージーランドの研究
  • 膝の痛み、「膝関節の使い過ぎ」は原因ではない?
  • 心血管疾患の発生リスクが低い「睡眠のタイミング」は?