医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【エーザイ】アデュヘルム「花開く春訪れる」-内藤社長、臨床データ理解向上に期待

【エーザイ】アデュヘルム「花開く春訪れる」-内藤社長、臨床データ理解向上に期待

読了時間:約 1分21秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月05日 AM10:15

エーザイの内藤晴夫社長は1日、オンライン上で開いた中間決算説明会で、米国で販売を開始したアルツハイマー病(AD)治療薬「」に言及。第III相試験結果をトップティアジャーナルに投稿中とし、「出版されれば各医療機関での採用などにも前向きな効果がある」と強調。「患者さん、家族の負担を解消する夢と希望をもたらす薬剤が客観的に証明され、アデュヘルムが花を開く春はそう遠くなく訪れるはずと確信している」と自信を示した。

アデュヘルムをめぐっては、米国での販売が低調に推移しているとされるが、内藤氏は「ADという非常に重要で身近な疾患に対するブレークスルー的な薬剤の登場に伴い、様々な超えなければいけないポイントがある」と課題を指摘。その一つに臨床データと治療価値の理解向上を挙げた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ
  • 【厚労省】零売の不適切事例を整理-処方箋なし購入可とPR
  • 三菱ケミカルグループ、コロナワクチン供給できず-カナダ政府と契約、商用生産に課題
  • 薬局で検査キット無料配布-神奈川など一部県で実施
  • 【厚労省】サル痘予防で国内初承認-天然痘ワクチンの一変