医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 医療的ケア児でモデル事業-専門薬学管理の薬局増加へ

医療的ケア児でモデル事業-専門薬学管理の薬局増加へ

読了時間:約 2分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月01日 AM10:15


■多職種連携の研修会実施

医療的ケア児の専門的な薬学管理に対応した地域の薬局を増やすため、2021年度から10都府県の薬剤師会でモデル事業がスタートした。沖縄県薬剤師会は医療的ケア児の療養を支援するための多職種連携シートを策定するほか、東京都薬剤師会は世田谷区にある国立成育医療研究センターと連携し、薬剤師向けのオンライン研修会を開催する。入院から在宅に移行した医療的ケア児に対する医療提供体制の重要性が高まる中、地域在宅医療で関わりが少ない薬局でも小児医療の専門職種との連携を通じてより良いケアにつなげる。

2018年12月に成育医療基本法が制定され、2021年2月には「成育医療の提供に関する施策を総合的に推進していくための基本方針」が閣議決定された。基本方針には、薬剤師が医師や保健師、看護師などと共に国や地方自治体が講じる成育医療等の提供に関する施策に協力する必要があると明記されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 日薬・山本会長、規制改革に「抵抗」
  • 【日薬】21年度分業率は75.3%-年ベースで史上初の減少
  • 【ノボノルディスクファーマ】β細胞移植、数年内に治験-新たな糖尿病治療法開発へ
  • 【厚労省】欧州や北米でサル痘発生-都道府県に情報提供要請
  • 【厚労省】薬局薬剤師で研究事業-住民の介入効果測定