医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【規制改革会議】審査期間短縮を強く要望-プログラム機器の早期承認

【規制改革会議】審査期間短縮を強く要望-プログラム機器の早期承認

読了時間:約 1分39秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月29日 AM10:15

政府の規制改革推進会議医療・介護ワーキンググループは25日、プログラム医療機器の承認審査のあり方について製造販売業者からヒアリングを実施し、迅速な承認に向けて審査期間の短縮を求める声などが上がった。厚生労働省も、「極力短くするよう努力したい」との考えを示した。

ニコチン依存症治療アプリや遺伝子パネル検査など、プログラム医療機器の承認件数は2019年度に36件、2020年度に43件と増加傾向にある。一方、6月に閣議決定された規制改革実施計画では、早期承認・実用化に向けた体制強化、柔軟で迅速な承認を可能とする審査制度を検討することなどを求めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】安藤医薬産業課長「BS検討会を来年以降設置」-アクションプラン策定へ
  • 【厚労省】零売の不適切事例を整理-処方箋なし購入可とPR
  • 三菱ケミカルグループ、コロナワクチン供給できず-カナダ政府と契約、商用生産に課題
  • 薬局で検査キット無料配布-神奈川など一部県で実施
  • 【厚労省】サル痘予防で国内初承認-天然痘ワクチンの一変