医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず

【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず

読了時間:約 1分56秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月25日 AM10:15

中央社会保険医療協議会は22日の総会で、2022年度調剤報酬改定に向け、薬局薬剤師の対人業務に対する評価をめぐり議論した。有澤賢二委員(日本薬剤師会常務理事)は、薬剤種類数が多い場合に薬剤服用歴管理指導料の評価を拡充するよう要望したものの、委員からは、「前回と同じ処方内容のDo処方の場合、一つひとつの薬剤で説明を受けることは少ない」「技術料として算定されている薬剤服用歴管理指導料に加算を付けることはこれまでの議論と逆行する」と反対意見が相次いだ。

薬剤服用歴管理指導料は、薬剤の服用に関する基本的な説明や患者に必要な服薬指導、薬剤服用歴への記録の業務で点数が算定されている。厚生労働省は、767薬局を対象に行った調査で、薬剤情報提供・服薬指導の平均所要時間について薬剤種類数が6種類未満の場合は1回当たり約5.1分に対し多剤調剤時(6種類以上)の場合は1回当たり約9.0分と説明時間が長くなるとの結果を踏まえ、薬剤服用歴管理指導料に関する評価の見直しを論点として示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に
  • 【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇
  • 【厚労省】抗原検査キット、広告可に-薬剤師の対面販売「必要」
  • 【厚労省】離島の調剤制限緩和検討-常駐看護師が薬剤取り揃え
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直しで中間案-CRB認定要件を厳格化