医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬】面対応薬局が4割占める-医療的ケア児の処方応需

【日薬】面対応薬局が4割占める-医療的ケア児の処方応需

読了時間:約 2分27秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月22日 AM10:15

医療的ケア児に対応している薬局の約4割が様々な医療機関から処方箋を応需している面対応の薬局であることが日本薬剤師会の調査で明らかになった。専門医療機関や大学病院による患者が多いものの、診療所やクリニックでも対応していた。ハイリスク医薬品の使用率の高さや製剤加工が必要な患者が多いことなど、薬局が調剤や薬学的ケアに多大な労力を要している現状も浮き彫りになった。日薬は今年度に10都県でモデル事業を実施し、小児薬物療法に関する病院と薬局の地域医療連携体制構築を目指す。

■地域連携体制が重要な課題

調査は、全国の医療的ケア児の処方を応需していると予想される約749薬局を抽出し、207薬局から回答を得た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】筋弛緩剤の代替要請-供給不安に対応
  • 【薬価部会】薬価引下げ率緩和など提案-診療側「具体性に乏しい」
  • 仮名加工情報の取扱見直し-文科省など、倫理指針改正でパブコメ
  • 【臨床薬理学会】臨床研究専門職を認定へ-実施数の停滞解消目指す
  • 【安全対策部会】安全対策にMID-NET-ゾコーバ市販後監視で活用