医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論

【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論

読了時間:約 1分49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月22日 AM10:30

中央社会保険医療協議会の薬価専門部会が20日に開かれ、次期薬価改定について原価計算方式のあり方などを議論した。診療側、支払側の委員からは、原価計算方式で算定された医薬品のうち、開示度が低い品目は加算係数をさらに引き下げるべきとの厳しい指摘が相次いだ。また、新設された安定確保医薬品については、全ての品目で薬価を維持・下支えするのではなく、優先度が高いものに限定して検討するよう求める意見が上がった。

部会では、次期薬価改定に向けて、▽革新的医薬品のイノベーション評価▽医薬品医療機器等法で新設された特定用途医薬品や先駆的医薬品の薬価上の評価▽原価計算方式のあり方▽基礎的医薬品のあり方――などを議論した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【費用対効果評価部会】費用対効果評価で骨子案-分析期間超過に厳しい対応
  • 【厚労省が省令改正案】初回オンライン指導恒久化-薬剤師は研修受講必須に
  • 宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出
  • 【埼玉県薬剤師会】小児在宅で多職種連携-入院・退院後に情報共有
  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用