医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【費用対効果評価部会】費用増は調整係数最小に-分析期間超過も厳しい規定

【費用対効果評価部会】費用増は調整係数最小に-分析期間超過も厳しい規定

読了時間:約 1分52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月18日 AM10:30

中央社会保険医療協議会の費用対効果評価部会が15日に開かれ、費用対効果評価制度の見直しに向け議論した。厚生労働省は、価格調整を行うに当たって効果が同等で費用が増加する場合や、分析期間が超過し、その理由に妥当性を欠く場合には最も小さな価格調整係数を用いることを提案。多くの委員が賛同した一方、企業側の委員からは慎重な対応を求める意見が出た。

費用対効果評価制度は、市場規模が大きい、著しく単価が高い医薬品・医療機器を対象に、既存の比較対照品目と比較して、費用、効果がどれだけ増加するかを分析し、評価結果に基づき価格調整を行うもの。現行制度は、分析結果が比較対象品目に対し効果が同等で、費用が増加する対象集団について区分の設定や価格調整の取り扱いは規定されていなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出
  • 【埼玉県薬剤師会】小児在宅で多職種連携-入院・退院後に情報共有
  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用
  • 【中医協総会】調剤料見直しの声相次ぐ-一部は対人業務として整理
  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に