医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 武田薬品、「TAK-994」投与中断、第II相を終了-安全性上の問題判明

武田薬品、「TAK-994」投与中断、第II相を終了-安全性上の問題判明

読了時間:約 1分4秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月08日 AM10:10

武田薬品は6日、第II相試験中の経口オレキシン2型受容体選択的作動薬「」について、安全性上の問題が発覚したことから、患者への投与を中断すると発表した。第II相試験は来年1月30日まで予定していたが、前倒しで終了する。今後、詳細なデータを入手し次第、)との協議も踏まえ、開発の継続を判断するとしている。

TAK-994は、ナルコレプシータイプ1(NT1)における初の経口オレキシン受容体作動薬。NT1を対象とした第II相試験を実施していたが、今回安全性上の問題が判明したことから、患者への投与中断を決定。第II相試験について、当初予定より3カ月以上前倒しで終了することにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【費用対効果評価部会】費用対効果評価で骨子案-分析期間超過に厳しい対応
  • 【厚労省が省令改正案】初回オンライン指導恒久化-薬剤師は研修受講必須に
  • 宮崎大学、NTTデータ、ファイザー、治療効果判定に有用情報-癌患者の電カルから抽出
  • 【埼玉県薬剤師会】小児在宅で多職種連携-入院・退院後に情報共有
  • 【厚労省】接種間隔「6カ月」可能に-クラスター地域は例外運用