医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日薬学術大会で討議】安定確保薬、制度化が必要-通常取引と別枠の仕組みを

【日薬学術大会で討議】安定確保薬、制度化が必要-通常取引と別枠の仕組みを

読了時間:約 2分18秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月24日 AM11:45


■日薬学術大会で討議

19、20日にウェブ上で開かれた日本薬剤師会学術大会の分科会で、安定確保医薬品や医薬品供給不足発生時対応スキームの制度化を求める声が相次いだ。「最も優先して取組を行う安定確保医薬品」(カテゴリA)に分類される21成分については、通常の医薬品取引とは別枠とし、製薬企業、卸、病院、薬局間で共同管理するなどの案が示された。薬価の優遇措置新設を求める意見もあった。

原薬への異物混入や、承認内容と異なる製造に対する業務停止処分などの影響で医療用医薬品の自主回収や出荷調整が相次ぎ、病院や薬局で必要な医薬品を十分に入手できない事態になっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【第一三共】中和活性の上昇確認-コロナワクチン国内I/II相
  • 【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず
  • 【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論
  • 【日薬】面対応薬局が4割占める-医療的ケア児の処方応需
  • 【政府】コロナ対応の全体像策定へ-経口薬、年内実用化を明記