医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】経口ステロイドで留意点-対面診療の処方を原則に

【厚労省】経口ステロイドで留意点-対面診療の処方を原則に

読了時間:約 1分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月06日 AM10:30

厚生労働省は8月31日付で、「新型コロナウイルス感染症診療の手引き」を改訂し、急増する自宅・宿泊療養患者への新型コロナウイルス治療剤「」など経口ステロイド剤を投与する際の留意点を示した。対面診療による処方を原則とする一方、緊急性が高い場合は事前に処方するよう検討すべきとしている。

今回の改訂では、自宅療養や宿泊療養を行っている患者で、酸素投与の適応となる場合の経口ステロイド剤投与における留意点を記載した。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬
  • 米メルク、初の経口薬をEUA申請-コロナでモルヌピラビル
  • 【徳島県】長生堂製薬に業務停止31日-不正な製造を長年黙認
  • 【厚労省】発癌性物質の自主点検要請-企業に限度値設定求める
  • 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など