医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ゴム栓の可能性が浮上-モデルナワクチン異物混入

【厚労省】ゴム栓の可能性が浮上-モデルナワクチン異物混入

読了時間:約 2分6秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月01日 AM10:30

厚生労働省は8月29日、米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンの一部ロットに異物が混入していた問題で、沖縄県の接種会場で確認された黒色の異物はバイアルのゴム栓の可能性があるとして、「ワクチンの品質に問題はない」との見解を公表した。同製品は既に使用を見合わせた3ロットとは異なるロットとなっている。同会場で確認されたピンク色の異物については、シリンジメーカー等が分析する。

沖縄県では、広域ワクチン接種センターでモデルナ製品を使用しているが、一部バイアルやシリンジについて、使用前の目視確認で黒色やピンク色の異物が発見されたため、28日に同会場での接種を中止した。現時点では、健康上の被害は報告されていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬
  • 米メルク、初の経口薬をEUA申請-コロナでモルヌピラビル
  • 【徳島県】長生堂製薬に業務停止31日-不正な製造を長年黙認
  • 【厚労省】発癌性物質の自主点検要請-企業に限度値設定求める
  • 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など