医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【武田薬品】モデルナ製ワクチンに異物-約163万回分使用見合わせ

【武田薬品】モデルナ製ワクチンに異物-約163万回分使用見合わせ

読了時間:約 1分28秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月30日 AM10:15

武田薬品は26日、米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンの一部ロットに異物が混入していたとして、約163万回分の使用を見合わせると発表した。接種会場8施設から、未使用のバイアル内に異物が確認されたと報告を受けたもの。現時点で関連する健康被害は報告されていないが、モデルナと原因究明を進めると共に、厚生労働省と協力して代替品の供給に努める考え。

モデルナの「コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン」(販売名:COVID-19ワクチンモデルナ筋注)は全国の大規模接種会場等で使用されており、国内の製造販売を担う武田は16日以降、東京都、埼玉県、愛知県などの接種会場8施設から、「未使用のバイアル内に異物が確認された」との報告を受けた。具体的には、ロット番号「3004667」のうち、バイアル39本に異物が混入していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に
  • 【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇
  • 【厚労省】抗原検査キット、広告可に-薬剤師の対面販売「必要」
  • 【厚労省】離島の調剤制限緩和検討-常駐看護師が薬剤取り揃え
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直しで中間案-CRB認定要件を厳格化