医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【慶應大医学部】中和抗体の測定装置開発-ワクチン接種効果に活用

【慶應大医学部】中和抗体の測定装置開発-ワクチン接種効果に活用

読了時間:約 1分24秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月25日 AM10:30

慶應義塾大学医学部の村田満教授らの研究グループは18日、新型コロナウイルスに対する中和抗体を自動測定装置で測定できる試薬の開発に成功したと発表した。迅速に抗体の有無が判定でき、ワクチン接種効果に関する研究の促進などに活用できるとしている。

新型コロナウイルスに感染する仕組みとして、ウイルス表面のスパイク蛋白質がヒトの細胞膜上のACE2蛋白質と結合することで細胞に侵入開始するとされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【ノボノルディスクファーマ】β細胞移植、数年内に治験-新たな糖尿病治療法開発へ
  • 【厚労省】欧州や北米でサル痘発生-都道府県に情報提供要請
  • 【厚労省】薬局薬剤師で研究事業-住民の介入効果測定
  • 【厚労省】後期第II相で有効性推定-緊急承認制度の解釈示す
  • 【中医協総会】デュピクセントに再算定-現行薬価から約12%下げ