医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ファイザーと追加供給協議-2022年初頭に1億2000万回分

【厚労省】ファイザーと追加供給協議-2022年初頭に1億2000万回分

読了時間:約 1分49秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月23日 AM10:15

田村憲久厚生労働相は20日の閣議後会見で、米ファイザー製ワクチンについて、2022年初頭から1億2000万回分の追加供給を受けることを前提に協議を進めていることを明らかにした。ファイザー製ワクチンでは年内に1億9400万回分の供給を受ける契約を結んでいるが、今後の感染拡大を想定し、ワクチンのさらなる確保に乗り出す。3回目のブースター接種(追加接種)の必要性も検討される中、「様々な可能性を念頭に置いて交渉をしなければならない。今回のファイザーとの協議もその一環だ」と述べた。

政府はこれまでファイザー、英アストラゼネカ、米モデルナの3社から4億1400万回分の供給を受ける契約を締結している。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬
  • 米メルク、初の経口薬をEUA申請-コロナでモルヌピラビル
  • 【徳島県】長生堂製薬に業務停止31日-不正な製造を長年黙認
  • 【厚労省】発癌性物質の自主点検要請-企業に限度値設定求める
  • 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など