医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 妊婦の染毛剤使用、子どもが3歳時にアレルギー疾患になりやすい傾向-山梨大

妊婦の染毛剤使用、子どもが3歳時にアレルギー疾患になりやすい傾向-山梨大

読了時間:約 2分20秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月05日 AM10:45

妊婦の染毛剤使用と生まれた子のアレルギー疾患発症との関連は検討されていなかった

山梨大学は8月3日、染毛剤を自宅で使用した妊婦と職業で使用した妊婦は、どちらも使用していない妊婦と比べて、生まれた子どもが3歳時に気管支喘息やアレルギー性鼻炎になりやすい傾向があることが明らかになったと発表した。この研究は、同大エコチル調査甲信ユニットセンターの山縣然太朗センター長、同大大学院総合研究部医学域 社会医学講座の小島令嗣助教らの研究グループによるもの。研究成果は、「Environmental Research」に掲載されている。


画像はリリースより

染毛剤は接触性皮膚炎を起こしやすく、まれに蕁麻疹やアナフィラキシー、気管支喘息を引き起こすと報告されているが、妊婦の染毛剤使用と、生まれた子どものアレルギー疾患発症との関連は今まで検討されていなかった。

そこで研究グループは今回、妊婦の染毛剤の使用状況と生まれた子どもの3歳時のアレルギー疾患発症との関連を評価した。

妊婦の染毛剤使用頻度が上がるほど、子が3歳時にアレルギー性鼻炎を発症する可能性が高い

研究では、10万4,062人の妊婦のデータおよび生まれた子どもの3歳時のデータのうち、調査への同意撤回、死産、流産、妊婦の染毛剤の使用および生まれた子どもの3歳時のアレルギー疾患のデータに欠測がある人を除いた7万7,303人を対象として解析した。

妊婦の染毛剤の使用状況は、妊娠中期の質問票から美容院、自宅、職業での使用の有無と頻度を調査。美容院と自宅での使用頻度については、「使用しなかった」「あまり使わなかった」「ときどき使った」「よく使った」から回答してもらい、職業での使用頻度については、半日以上かけて扱った回数を「いいえ」「月1~3回」「週1~6回」「毎日」から回答してもらった。生まれた子どもの3歳時のアレルギー疾患は、3歳質問票で気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーの医師による診断の有無を調査した。

上記データを使用し、妊婦の染毛剤使用と生まれた子どもの3歳時のアレルギー疾患発症の関連について、多変量ロジスティック回帰分析を用いて解析。一般的に小児のアレルギー疾患の関連因子として考えられているものには、妊娠前の母のBMI、妊娠時の母の年齢、妊婦のアレルギー疾患の既往、妊娠中の受動喫煙、世帯収入、分娩様式、早産、生まれた子どもの同胞の数、出生体重、生まれた子どもの性別、母乳栄養による育児、生まれた子どもの1歳時の保育所通園、生まれた子どものRSウイルス感染症罹患歴があり、それらを考慮した解析を行った。

その結果、妊婦の染毛剤の自宅使用と職業使用では、いずれも使用しなかった妊婦と比べて、生まれた子どもが3歳時に気管支喘息やアレルギー性鼻炎になりやすくなる傾向があることが明らかになった。一方、妊婦の染毛剤の使用による生まれた子どもの3歳時のアトピー性皮膚炎と食物アレルギー発症への影響はなかったという。また、妊婦の染毛剤の自宅使用では、使用頻度が高くなるほど、生まれた子どもが3歳時にアレルギー性鼻炎になりやすくなる傾向があり、職業使用でも同様の傾向が見られたとしている。

今後はより詳細な染毛剤の使用状況を含めた研究が必要

今回の研究成果により、妊婦の染毛剤の使用が、生まれた子どもの気管支喘息やアレルギー性鼻炎の発症につながる可能性があることが、世界で初めて明らかにされた。同研究では約8万組の妊婦及び生まれた子どもの追跡調査のデータという十分な数の対象者を解析しており、信頼性の高い結果だと言える。

一方で、染毛剤の使用状況については、質問票調査の回答によるものであり、必ずしも実際の染毛剤のばく露状況を反映しているものではない。「今後はより詳細な染毛剤の使用状況を含めた研究が望まれる」と、研究グループは述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 新型コロナ流行下で進行したステージでの大腸がん診断数「増」傾向-横浜市立大
  • D-セリンに腎臓の細胞増殖を促進し機能維持する作用があることを発見-NIBIOHNほか
  • 抗腫瘍免疫におけるIL-33の役割を解明、新たながん免疫療法開発に期待-阪大ほか
  • 3つの免疫チェックポイント分子を用いた腎細胞がんの新規分類を開発-慶大
  • 膠原病に伴う肺疾患に関する患者意識調査、間質性肺疾患の認知度58%-ベーリンガー