医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 「光免疫治療センター」設置と「頭頸部イルミノックス外来」開始を発表-神戸大

「光免疫治療センター」設置と「頭頸部イルミノックス外来」開始を発表-神戸大

読了時間:約 1分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月03日 AM11:00

免疫治療センター、治療の安全性・有効性検討や研究開発を実施

神戸大学は8月2日、同大医学部附属病院「光免疫治療センター」の設置、および医学部附属病院国際がん医療・研究センター(ICCRC)「頭頸部イルミノックス外来」の開始について7月29日に記者会見を行ったことを発表した。


画像はリリースより

光免疫治療センターは、7月1日に同大医学部附属病院に設置。光免疫治療の安全性と有効性を検討するとともに、他の診療分野にも適応できるよう研究開発を行う。

同じく、頭頸部イルミノックス外来も7月からICCRCで開始され、医学部附属病院では、すでに約40件の問い合わせを受けているという。

他の領域への拡大、他の抗がん剤との組合せ等、さらなる発展を目指して

記者会見で、藤澤学長は「医学部では手術支援ロボット『hinotori(TM)』に続き、先進的な治療に挑戦している。2021年2月に締結した神戸市、楽天メディカルと神戸大学との連携・協働協定に基づき、光免疫療法の領域拡大のための研究開発や、治療にあたる医師の育成にもつとめている。神戸大学としては新しい臨床応用、保険適用拡大、安全性の確立に向け、光免疫治療センターを中心に据えてこれらを推し進めていきたい」と述べた。

その他、「今後は、ICCRCにおいてイルミノックス外来(セカンドオピニオン外来)を行い、医学部附属病院において検査し、ICCRCにて治療を行っていくシステムを確立したい」(丹生光免疫治療センター長)、「光免疫治療センターの趣旨は、神戸医療産業都市の発展を推進することにも合致している。ICCRCは照度を落とすための個室も十分に確保できること、低侵襲ながん治療を目指すICCRCの方針にも適っていることもあり、この治療を進めることが有意義であると考えている」(味木国際がん・医療研究センター長)、「現在は頭頸部のみの適応だが、他の領域への拡大、他の抗がん剤との組合せ等、さらにこの治療が発展していくことも考えられるので、このような治療を推進し、リーダーシップをとっていくことはとても有意義である」(眞庭病院長)といった見解が述べられた。

引き続き神戸大学では、次世代医薬品、新規治療・医療機器の研究開発・教育に励むとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 新型コロナ流行下で進行したステージでの大腸がん診断数「増」傾向-横浜市立大
  • D-セリンに腎臓の細胞増殖を促進し機能維持する作用があることを発見-NIBIOHNほか
  • 抗腫瘍免疫におけるIL-33の役割を解明、新たながん免疫療法開発に期待-阪大ほか
  • 3つの免疫チェックポイント分子を用いた腎細胞がんの新規分類を開発-慶大
  • 膠原病に伴う肺疾患に関する患者意識調査、間質性肺疾患の認知度58%-ベーリンガー