医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 武田薬品、ペプチドリーム、中枢神経系でPDC創製へ-共同研究契約の枠組み拡大

武田薬品、ペプチドリーム、中枢神経系でPDC創製へ-共同研究契約の枠組み拡大

読了時間:約 1分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月02日 AM10:45

武田薬品とペプチドリームは7月27日、両社の共同研究・独占的ライセンス契約の枠組みを拡大し、中枢神経系領域の複数ターゲットに関するペプチド薬物複合体(PDC)の創製に向けた研究を行うと発表した。今回の契約拡大により、ペプチドリームは武田から一時金を受け取り、今後総額で最大約35億ドル(約3855億円)のマイルストーンフィーを受け取る可能性がある。

両社は、2020年12月に神経筋疾患領域の複数PDCの創製に関する包括的共同研究・独占的ライセンス契約を締結し、ペプチドリームとJCRファーマが開発したトランスフェリン受容体(TfR)1結合ペプチドと武田が選択した医薬品候補化合物によるPDC医薬品の共同研究を進めてきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【日薬】薬剤師資格証8.4万枚へ-2022年度末までに体制
  • 【感染症部会】サル痘対象に臨床研究-天然痘ワクチン接種も
  • 【日薬】山本体制5期目スタートー政策提言実現が課題に
  • 【日薬】連携強化加算見直しへ-有澤理事「厚労省が要件緩和検討」
  • 【行政評価・監視委員会】「データの質・量が不十分」-MID-NETに指摘相次ぐ