医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【日病薬】心不全緩和ケアで指針策定-薬剤師の関わり方など解説

【日病薬】心不全緩和ケアで指針策定-薬剤師の関わり方など解説

読了時間:約 2分1秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年07月26日 AM10:00

日本病院薬剤師会は、「心不全緩和ケアの薬剤業務に関する進め方」を策定した。呼吸困難や倦怠感、食欲不振など心不全患者を苦しめる様々な症状に対する薬の使い方や薬剤師の関わり方を、エビデンスに基づき詳しくまとめたもの。近年、診療報酬上の評価が新設されるなど心不全緩和ケアの重要性が指摘されており、現場薬剤師の業務推進に役立つ指針として策定に踏み切った。今後、日病薬のウェブサイトで公開する見通しだ。

2019年度に発足した日病薬学術小委員会で医師や薬剤師が2年間かけて討議し、パブリックコメントの募集を経て策定した。日本循環器学会や日本心不全学会の協力を得たほか、関連論文で示されたエビデンスに基づいて記述するなど、信頼性の高い内容になっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【臨床研究部会】観察研究の定義づけが課題-研究者とCRBで認識乖離
  • 【厚労省】製薬企業に水平分業化促す-ベンチャーが創薬担い手に
  • 【日薬】自宅療養急増で対応方針-緊急時の薬局リスト化
  • 【厚労省】対面診療の処方箋も可能に-初回からの遠隔服薬指導
  • 【厚労省】ノババックス製を供給契約-2022年初頭に1.5億回分