医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【行政評価監視委員会】「評価不能」判定を疑問視-ワクチン副反応報告に指摘

【行政評価監視委員会】「評価不能」判定を疑問視-ワクチン副反応報告に指摘

読了時間:約 1分36秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月30日 AM10:45

厚生労働省の医薬品等行政評価・監視委員会は28日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの副反応疑い報告のあり方について議論した。死亡事例や有害事象との因果関係について、ほとんどが評価不能と判断されていることを疑問視する声や、報告形式が現況に対応していないなど厳しい指摘が相次いだ。

この日の委員会では、厚労省から今月13日時点のワクチン接種後の医療機関からの副反応疑い報告状況について説明があった。米ファイザー製品は2324万5041回、米モデルナ製品は44万0278回接種され、このうち副反応疑い報告件数はそれぞれ1万3671件と79件だった。また、アナフィラキシーはそれぞれ1462件、4件となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬
  • 米メルク、初の経口薬をEUA申請-コロナでモルヌピラビル
  • 【徳島県】長生堂製薬に業務停止31日-不正な製造を長年黙認
  • 【厚労省】発癌性物質の自主点検要請-企業に限度値設定求める
  • 【厚労省】タスクシフト可の業務示す-周術期の薬学的管理など