医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 高齢者糖尿病の治療、血糖管理に加え認知機能やADLの維持が重要-都長寿研

高齢者糖尿病の治療、血糖管理に加え認知機能やADLの維持が重要-都長寿研

読了時間:約 2分22秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月02日 AM11:45

血糖管理目標のカテゴリー分類と死亡リスクの関連を縦断調査で検討

東京都健康長寿医療センターは5月6日、「高齢者糖尿病の血糖管理目標(HbA1c値)」のカテゴリー分類と死亡リスクの関連を、日本の6年間の縦断研究であるJ-EDIT研究のデータをもとに解析した結果を発表した。この研究は、同センター糖尿病・代謝・内分泌内科の荒木厚 副院長、大村卓也 研究所研究員らの研究グループによるもの、研究成果は、「Geriatrics & Gerontology International」に掲載されている。


画像はリリースより

日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会は「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標( 値)」を公表し、「健康状態」「年齢」「低血糖が危惧される薬剤の有無」「併存疾患」で、患者を3つのカテゴリーに分類し設定している。一方、分類法に関して日本の縦断研究に基づくエビデンスはなかった。そこで、研究グループは今回、高齢糖尿病患者の縦断調査で、「」「手段的ADL」「基本的ADL」「併存疾患」による種々のカテゴリー分類と死亡リスクとの関連を検討した。

J-EDIT研究で6年追跡の843人対象に種々のカテゴリー分類、死亡リスク検討

解析の対象としたのは、J-EDIT研究において6年間追跡した高齢糖尿病患者843人(年齢71.9±4.7歳,男性384人,女性459人)。認知機能はベースラインのMMSE(カットオフ値27/26-22/21)、手段的ADLは老研式活動能力指標(カットオフ値12/11)、基本的ADLはBarthel Index(カットオフ値19/18)の各質問票を用いて評価し、カテゴリーⅠ~Ⅲに分類した(モデル1)。

また、モデル1の分類に加えて、「網膜症」「腎症」「神経障害」「虚血心性疾患」「脳血管障害」「悪性疾患」「肝疾患」「うつ」の8個の併存疾患の中から4個以上を有する場合にはカテゴリーⅢとする分類でも同様に解析を行った(モデル2)。

さらに、因子分析により老研式活動能力指標とBarthel Indexから抽出した8項目(買い物、食事の支度、預金管理、新聞を読む、友人の訪問、食事、トイレ使用、歩行)からなる「生活機能質問票8」の点数で3つのカテゴリーに分類し、死亡との関連を調べた(モデル3)。

身体/認知機能・併存疾患数に基づくカテゴリー分類は死亡リスクの予測因子に

結果、6年間に64人の全死亡が認められ、カテゴリーⅠに対する、カテゴリーⅡのハザード比は1.8(95% CI: 1.1-3.1)、カテゴリーⅢのハザード比は3.1(95% CI: 1.1-8.3)だった(モデル1)。併存疾患数を考慮したモデル2でも、カテゴリーが進むにつれてハザード比が上昇した。

8つの簡便な質問項目でカテゴリー分類が可能

「生活機能質問票8」を用いたモデル3でも同様の結果が得られた。層別解析では、特にSU薬・インスリンの低血糖をきたす可能性のある薬剤の使用群で、カテゴリーが進むほど死亡リスクが上昇した。

今回得られた結果は、認知機能やADLで評価した機能のカテゴリー分類が進むと、年齢、血糖、血圧、脂質のコントロール状態、腎機能、併存疾患数などを考慮しても、死亡のリスクが段階的に増加し、余命が少なくなることを意味するもの。これは現在の「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標(HbA1c値)」のカテゴリー分類の考え方を支持するデータだ。

研究グループは、今回の成果について「患者の生活機能(認知機能やADL)、年齢、低血糖が危惧される薬剤の有、併存疾患を踏まえることが、個々の患者に最適な血糖コントロールを行ううえで極めて重要であることを再認識させてくれた。高齢糖尿病患者の治療では、血糖などの管理を行うこと以上に、「生活機能を維持することが大切である」とも言える」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 脳内ヒスタミン、一部の神経細胞に働き記憶・学習促進の可能性-名古屋市立大ほか
  • 骨髄異形成症候群、MSCの骨芽細胞分化障害を介した造血不全機序を解明-FBRIほか
  • 治療抵抗性うつ病への「維持rTMS療法」を先進医療で実施、世界初-NCNP
  • 先天性甲状腺機能低下症、発症に関わるゲノム領域を同定-成育医療センターほか
  • 肺線維症など種々の炎症性疾患の病状を改善できる新手法の開発に成功-京大ほか