医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 医療 > 特発性肺線維症、特徴的所見「線維芽細胞巣」の形成にmeflinが重要-名大ほか

特発性肺線維症、特徴的所見「線維芽細胞巣」の形成にmeflinが重要-名大ほか

読了時間:約 1分52秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月01日 AM10:45

線維芽細胞は線維化形成の中心だが特異的なマーカーがなかった

名古屋大学は5月31日、日本の指定難病である「)」の疾患進行の運命を握る線維芽細胞を世界で初めて同定したと発表した。この研究は、同大大学院医学系研究科呼吸器内科学分野の橋本直純准教授、分子病理学・腫瘍病理学分野の榎本篤教授、同大医学部附属病院呼吸器内科の阪本考司病院助教、中原義夫病院助教の研究グループが、米国Yale大学呼吸器内科学分野のNaftali Kaminski教授,米国Baylor医科大学呼吸器内科学分野のIvan O. Rosas教授との国際共同研究として行ったもの。研究成果は、「European Respiratory Journal」に掲載されている。


画像はリリースより

IPFは、肺が線維化することによって正常機能であるガス交換ができず、呼吸不全に至る疾患。5 年生存率が他臓器のがん種よりも不良な疾患であり病態が解明されていないため、日本では指定難病となっている。多様な表現型を示す線維芽細胞が増殖・集簇した「線維芽細胞巣」は、IPFに特徴的な病理所見と考えられてきた。IPFの病態解明には機能性線維芽細胞の同定が重要であると認識されてきたが、線維芽細胞特異的分子は同定されず、IPFの病態解明には至っていなかった。

肺線維芽細胞特異的に発現のmeflin、陽性細胞はIPF肺の線維芽細胞巣に限局

今回、研究グループは、IPF肺と正常肺を用いたsingle-cell RNA sequencing解析により、新規分子meflinが肺線維芽細胞特異的に発現することを世界で初めて同定した。さらに、meflinはIPF肺の線維化病変において「線維芽細胞巣」限局性に発現し、瘢痕化(はんこんか)線維化病変で発現しないことを見出した。

meflin欠損マウスを用いた肺線維症モデルの実験では、meflin陽性線維芽細胞が抗線維化作用を示し、可溶性meflin分子が線維化活動性に応じて肺胞洗浄液中で検出されることがわかった。また、野生型マウスから樹立した線維芽細胞は、線維化誘導因子TGFβ刺激によりmeflin発現が抑制されて、過剰な線維化誘導反応を示した。meflin欠損マウスから樹立した線維芽細胞はTGFβ刺激により過剰な線維化誘導反応を示したが、meflinの再構成により線維化誘導反応は抑制された。

meflinを治療標的とする新たな抗線維化療法の開発に期待

今回の研究は、いまだ原因が特定できていないIPFにおいて疾患進行の運命を握る抗線維化作用を持つmeflin陽性線維芽細胞を世界で初めて同定したもの。また、疾患活動性に応じて可溶性meflin分子が肺組織内で増加することを見出された。研究グループは今回の研究について、「IPF克服へ向けての新展開をもたらす重要な基盤研究となった。今後meflinを治療標的とする新たな抗線維化療法や可溶性meflinをバイオマーカー標的とする疾患活動性測定法の確立を目指す」と、述べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 医療

  • 子の脳内ストレスホルモン活性、授乳時の母親のストレスが関連する可能性-阪大
  • 骨と軟骨の形成に、Smoc1とSmoc2遺伝子がセットで必要であることを発見-阪大ほか
  • 一人住まいの大学生は肥満リスク「高」、阪大生検診データ解析の結果-阪大
  • 新型コロナ感染を大きく阻害できる2つの標的タンパク質を、ヒトiPS細胞で同定-CiRA
  • 卵巣がんに関する患者の理解度や情報収集の実態、一般の認知度を調査-AZ