医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審合同部会】新たに接種後死亡4例-安全性、重大な懸念なし

【厚科審合同部会】新たに接種後死亡4例-安全性、重大な懸念なし

読了時間:約 1分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月28日 AM10:30

厚生科学審議会と薬事・食品衛生審議会の合同会議は23日、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種後のアナフィラキシー報告事例492件などを評価し、ワクチンについて「安全性に重大な懸念は認められない」と結論づけた。新規の死亡事例4件についても、いずれも接種との因果関係は評価できないとした。

医療関係者と65歳以上の高齢者を対象としたワクチン接種は18日までに193万111回行われ、このうち副反応疑い報告数は3298件(0.17%)だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に
  • 【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇
  • 【厚労省】抗原検査キット、広告可に-薬剤師の対面販売「必要」
  • 【厚労省】離島の調剤制限緩和検討-常駐看護師が薬剤取り揃え
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直しで中間案-CRB認定要件を厳格化