医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審合同部会】新たに接種後死亡4例-安全性、重大な懸念なし

【厚科審合同部会】新たに接種後死亡4例-安全性、重大な懸念なし

読了時間:約 1分23秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月28日 AM10:30

厚生科学審議会と薬事・食品衛生審議会の合同会議は23日、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種後のアナフィラキシー報告事例492件などを評価し、ワクチンについて「安全性に重大な懸念は認められない」と結論づけた。新規の死亡事例4件についても、いずれも接種との因果関係は評価できないとした。

医療関係者と65歳以上の高齢者を対象としたワクチン接種は18日までに193万111回行われ、このうち副反応疑い報告数は3298件(0.17%)だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【薬害オンブズ会議】「著しい利益相反」と批判-都とファイザー連携協定
  • 【大阪府薬】電子処方箋対応、概ね順調-オン資導入へ補助金カギに
  • 【厚労省】オン資導入に経過措置-導入困難な薬局対象
  • 【薬価部会】複数の比較薬で薬価算定-ゾコーバ対応方向性を提示
  • 【医薬品第一部会】初の特定用途薬を了承-プレセデックス静注液