医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】ワクチン接種で死亡例-初の報告、因果関係不明

【厚労省】ワクチン接種で死亡例-初の報告、因果関係不明

読了時間:約 47秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月05日 AM10:30

厚生労働省は2日、ファイザーの新型コロナウイルスワクチン「」を接種した医療従事者1人の死亡事例を公表した。新型コロナウイルスワクチンの接種者で死亡事例が報告されるのは初めて。

厚労省は、現段階ではワクチンとの因果関係は不明としているが、専門家によると、死因として疑われるくも膜下出血とワクチン接種を関連付ける事例はこれまで報告されていないという。今後、専門家による評価や審議会での検討を速やかに行い、ワクチン接種の安全性を評価する予定。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【財務省】後発品新目標、早期策定を-BS選定基準検討求める
  • 【大阪府薬事審議会】在宅実績を要件の一つに-地域連携薬局の基準議論
  • 【米J&J】コロナワクチン、接種を一時中断-FDA勧告受け、全試験で
  • 【小林化工】業務再開、未だ見通せず-全ての改善事項確認後に
  • 【大阪府薬】8割以上の地域で関与へ-ワクチン集団接種に薬剤師