医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審合同部会】安全性に重大懸念なし-コロナワクチンの副反応

【厚科審合同部会】安全性に重大懸念なし-コロナワクチンの副反応

読了時間:約 1分3秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月01日 AM10:30

厚生科学審議会の合同会議は2月26日、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種後の副反応疑い症例3件を評価し、「安全性に重大な懸念はない」と結論づけた。いずれも経過観察のために入院したものの、回復に転帰している。

2月17日から始まった医療関係者に対する新型コロナウイルス感染症ワクチンの先行接種は、同25日まで2万1896人に1回目の接種を実施。このうち3件の副反応疑いが厚生労働省に報告されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【費用対効果評価部会】費用増は調整係数最小に-分析期間超過も厳しい規定
  • 【厚科審合同会議】ファイザー製の選択可能に-10、20代男性接種、推奨表現用いず
  • 後藤厚労相「申請されれば優先審査」-米メルクの経口コロナ薬
  • 米メルク、初の経口薬をEUA申請-コロナでモルヌピラビル
  • 【徳島県】長生堂製薬に業務停止31日-不正な製造を長年黙認