医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚科審合同部会】接種後4時間以内は報告-コロナワクチンの副反応

【厚科審合同部会】接種後4時間以内は報告-コロナワクチンの副反応

読了時間:約 1分12秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月19日 PM01:30

厚生科学審議会副反応検討部会と医薬品等安全対策部会安全対策調査会の合同会議は15日、新型コロナウイルス感染症ワクチンの「重大な副反応」のアナフィラキシーについて、接種後4時間以内に発症した場合は医療機関に報告を義務づけることを決めた。厚生労働省が示した副反応疑い報告基準の改正案を了承したもの。

予防接種法では、予防接種との関係が疑われる症状が確認された場合、厚労省に報告することを医師に義務づけている。

医療関係者に対する新型コロナウイルス感染症ワクチンの先行接種では、ファイザーの製品が使用されるが、添付文書の「重大な副反応」の項目にアナフィラキシーが記載されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】かかりつけ薬剤師以外が対応-指導料算定薬局の6割で
  • 【PMDA】既承認製品を対照群にーコロナワクチン治験で見解
  • 【第一三共】中和活性の上昇確認-コロナワクチン国内I/II相
  • 【中医協総会】薬歴管理料見直しに反対-多剤服薬指導で加算認めず
  • 【薬価部会】低開示品目に厳格対応を-原価計算方式のあり方議論