医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【福井県】小林化工に業務停止116日-過去最長、製造実態黙認で

【福井県】小林化工に業務停止116日-過去最長、製造実態黙認で

読了時間:約 1分45秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月12日 AM10:15


■データねつ造や二重帳簿も

小林化工が製造販売する抗真菌剤「イトラコナゾール錠」に睡眠導入剤が混入して健康被害が発生した事案について、福井県は9日、同社に対して医薬品医療機器等法()に基づき、過去最長となる116日間の業務停止命令を出した。承認書とは異なる手順書に沿った製造や立入検査用の二重帳簿作成、品質試験結果のねつ造などの製造実態を経営陣が把握しつつ、長期間にわたって黙認してきた事実を重く見た厳しい処分となった。

同社が製造販売したイトラコナゾール錠をめぐっては、服用した患者344人のうち、1日時点で2人の死亡例を含む221人の健康被害が報告されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】地域連携薬局1000軒突破-3桁台は3都府県に
  • 【20年度医療経済実態調査】薬局の利益率ほぼ横ばい-大病院門前、敷地内は上昇
  • 【厚労省】抗原検査キット、広告可に-薬剤師の対面販売「必要」
  • 【厚労省】離島の調剤制限緩和検討-常駐看護師が薬剤取り揃え
  • 【臨床研究部会】臨床研究法見直しで中間案-CRB認定要件を厳格化