医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【英アストラゼネカ】9000万回分以上を国内生産-コロナワクチン体制で方針

【英アストラゼネカ】9000万回分以上を国内生産-コロナワクチン体制で方針

読了時間:約 1分9秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月01日 AM10:45

加藤勝信官房長官は1月28日の記者会見で、英アストラゼネカ(AZ)の新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、AZが日本国内で9000万回分(4500万人分)以上生産する方針であることを明らかにした。加藤氏は「国内生産できる体制を確立することは大変重要」と歓迎した。

AZのワクチンをめぐっては、政府が2020年12月に1億2000万回分(6000万人分)の供給を受ける正式契約を締結。このうち、3000万回分(1500万人分)については、3月までに供給を受ける予定としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】RMP解除手続き定める-バイオ後続品で事務連絡
  • 【経産省事業】「両用性」設備を整備へ-国内ワクチン製造8社
  • 【厚労省検討会議】要指導薬の販売継続必要-緊急避妊薬でパブコメ案
  • 【GE薬協】情報提供サイト改修-供給状況を即時公開
  • 【厚労省】安定確保薬で調査-カテゴリーB・C成分