医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増

【厚労省】米ファイザーと正式契約-ワクチン供給、2400万回分増

読了時間:約 1分17秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月22日 AM10:30

厚生労働省は20日、米ファイザーが承認申請中の新型コロナウイルス感染症ワクチンについて、年内に約1億4400万回分の供給を受ける正式契約を締結した。正式契約を結んだのは米モデルナ、英アストラゼネカに続き3社目となり、基本合意を結んだ企業とは最終合意となった。ファイザーとは今年前半までに1億2000万回分の供給に関する基本合意を結んでいたが、当初の合意に比べて2400万回分を増やした内容。2月下旬の接種開始に間に合うよう急ピッチで承認審査を進めていく。

ファイザーと独バイオNテックは、新型コロナウイルス感染症に対するmRNAワクチン候補「」を共同開発し、2020年12月に国内で承認申請した。現在、海外の臨床試験データをもとに早期承認を目指す「特例承認」の枠組みで審査が進められている。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【福井県】代替困難品9品目を除外-小林化工の停止命令から
  • 1回に短縮は「難しい」-田村厚労相、ワクチン接種で見解
  • 【厚労省】副反応疑い2例報告-ワクチン先行接種で
  • 【厚労省】添付文書電子化へ準備要請-GS1コード読み取りなど
  • 【厚労省】接種会場に厚労省施設-田村厚労相が協力表明