医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > 海外 > 新型コロナワクチンの疑問に米ペン・ステート・ヘルスの専門家が回答

新型コロナワクチンの疑問に米ペン・ステート・ヘルスの専門家が回答

読了時間:約 2分26秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月21日 PM03:15

新型コロナウイルスワクチン、よくあるQ&A

新型コロナウイルスワクチンの開発が続く中、数々の疑問も浮上している。そんな中、米ペン・ステート・ヘルスの専門家らが、よくある質問に対する回答を示した。


画像提供HealthDay

●新型コロナウイルスワクチンはどのような機序で効果を発揮するのか?
米国で承認されている2種類のワクチン(ファイザー社/BioNTech社製、モデルナ社製)はいずれも、mRNAワクチンと呼ばれるもの。このワクチンは、(COVID-19)を引き起こす、ウイルス表面のスパイクタンパク質の遺伝情報を含んでいる。そのため、接種すると、mRNAの情報に基づいてヒトの細胞表面にスパイクタンパク質が形成される。ヒトにとっては異物であるこのスパイクタンパク質を認識した免疫系により抗体が作られることで、本物のウイルスが侵入しようとしてもブロックされ、感染を防御するという仕組みである。
米ペン・ステート・ヘルス・ミルトン・S・ハーシー医療センターのM. Fahad Khalid氏は、「mRNAは、スパイクタンパク質が形成された後、速やかに分解される。このため、mRNAが細胞核の中に入ることはなく、DNAに変換されることは決してない」と説明している。

●新型コロナウイルスワクチンが疾患を引き起こすことはあるのか?
米ペン・ステート・ヘルス・ホーリースピリット医療センターのMohammad Ali氏は、「新型コロナウイルスワクチンは生きたウイルスを含んでいない。スパイクタンパク質が感染を引き起こすことはない」としている。

●新型コロナウイルスワクチンの安全性と有効性はどの程度か?
Khalid氏とAli氏は、「ワクチンの安全性と有効性は極めて高い」と述べ、インフルエンザワクチンの有効性が一般に40~60%であるのに対して、新型コロナウイルスワクチンの有効性は94~95%であると説明している。
ただし、副作用としてごく一部の人に重篤なアレルギー反応が生じることがある。そのため、)は、新型コロナウイルスワクチンに含まれる成分に対してアレルギー反応が生じたことのある人は、このワクチンを接種するべきではないとしている。また、他のワクチンに対してアレルギー反応が生じたことのある人は、医師に相談することを勧めている。その一方で、ワクチン以外のアレルギー(食物、ペット、季節性アレルギーなど)のある人は、このワクチンを接種しても安全であると述べている。
その他、注射部位の腫れや痛み、発熱、頭痛、筋肉痛などの副反応が起こることがあるが、一過性のものだという。

●COVID-19に罹患したことがあっても新型コロナウイルスワクチン接種は必要か?
CDCは、COVID-19の罹患歴がある人にもワクチン接種を勧めている。感染後、ウイルスに対する免疫がどの程度持続するのかが明確になっていないからである。

●新型コロナウイルスワクチン接種後はマスクをしなくてもよいか?
マスク着用、手洗い、ソーシャルディスタンスの維持は、ワクチン接種後も継続する必要がある。ワクチンによって発症率は抑えられるが、それでも感染する可能性がまだあるのか、他者へウイルスを広げる可能性があるのかについては、はっきりしたことが分かっていないためである。

●新型コロナウイルスワクチンにマイクロチップが入っているというのは本当か? ワクチンは不妊の原因になるのか?
ワクチンにマイクロチップは入っておらず、不妊の原因にもならない。Ali氏は、「多くの虚偽情報が出回っている」と述べ、最も信頼性のある情報源としてCDCのウェブサイトを参照することを勧めている。(HealthDay News 2021年1月11日)

▼外部リンク
The Medical Minute: How the body responds to the COVID-19 vaccine

HealthDay
Copyright c 2021 HealthDay. All rights reserved.
※掲載記事の無断転用を禁じます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 海外

  • 1回目ウイルスベクター、2回目mRNA、異なるワクチン接種によるコロナ抑制効果は?
  • 新型コロナウイルスの伝播リスク、乳児、子ども、10代の若者は同等か?
  • 米国人のナトリウム摂取量低減へ、今後2年半で1日3,400mg→3,000mg目指す-米FDA
  • 共通点の多い「インフルエンザ」と「新型コロナ」、知っておくべき相違点は?
  • 高濃度乳腺女性の乳がん判定、MRI画像のAIによる解析が有効な可能性