医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 卒後臨床研修でモデル事業-厚労省・医薬関係予算案は6%増

卒後臨床研修でモデル事業-厚労省・医薬関係予算案は6%増

読了時間:約 1分59秒
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月25日 AM10:15

厚生労働省医薬・生活衛生局の2021年度予算案は、前年度比6.2%増の93億8700万円と増額を確保した一方、薬剤師・薬局関係予算案は2億1800万円と前年度から減額となった。薬剤師の資質向上に向けた研修、薬剤師確保を目的とした調査検討事業が新たに盛り込まれ、免許取得後の薬剤師を対象に医療機関で卒後臨床研修を行うモデル事業に3200万円、薬剤師の地域偏在における課題把握調査に2400万円を計上した。

医薬・生活衛生局の予算案は、前年度比6.2%の増額となった。9月の概算要求で新型コロナウイルス感染症に関連した項目については、金額を明示せずに緊急要望として事項要求していた。医薬・生活衛生局が概算要求した全ての項目が21年度予算、20年度第3次補正予算のいずれかで認められた格好。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】ワクチン接種で死亡例-初の報告、因果関係不明
  • 【富山県】日医工に業務停止命令-富山第一工場で不適切製造
  • 【米FDA】J&Jワクチン緊急許可-1回接種は初めて
  • 日本病院薬剤師会臨時総会、22年度改定へ要望事項案-病棟加算の対象拡大など
  • 【厚科審合同部会】安全性に重大懸念なし-コロナワクチンの副反応