医療従事者の為の最新医療ニュースや様々な情報・ツールを提供する医療総合サイト

QLifePro > 医療ニュース > プレミアム > 【医薬品第二部会】アビガン承認は継続審議-有効性の明確な判断難しく

【医薬品第二部会】アビガン承認は継続審議-有効性の明確な判断難しく

読了時間:約 2分
このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月23日 AM11:00

薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は21日、富士フイルム富山化学の抗インフルエンザウイルス剤「アビガン錠200mg」について、新型コロナウイルス感染症を効能・効果に追加する一部変更承認を審議したが、現段階では承認を認めず、継続審議することを決めた。得られた臨床試験データからは有効性を明確に判断することが困難として、企業からの追加データ提出後に改めて医薬品医療機器総合機構(PMDA)で審査し、再審議を行う予定だ。追加データの提出時期は不明としており、承認時期は大きくずれ込みそうだ。

新型・再興型インフルエンザ治療剤として承認されている同剤をめぐっては、ウイルスのRNAポリメラーゼを選択的に阻害することで増殖を防ぐ作用機序を持ち、同種のRNAウイルスを持つ新型コロナウイルスに対しても効果が期待されていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

同じカテゴリーの記事 プレミアム 行政・経営

  • 【厚労省】ワクチン接種で死亡例-初の報告、因果関係不明
  • 【富山県】日医工に業務停止命令-富山第一工場で不適切製造
  • 【米FDA】J&Jワクチン緊急許可-1回接種は初めて
  • 日本病院薬剤師会臨時総会、22年度改定へ要望事項案-病棟加算の対象拡大など
  • 【厚科審合同部会】安全性に重大懸念なし-コロナワクチンの副反応